一番風呂は肌に悪い?肌荒れの原因とは?

12月6日の林修の今でしょで、入浴の仕方について放送されていました。その中で気になったのが一番風呂が肌に悪いというもの。そもそも、一番風呂って気持ち良いものなのですが、なぜ肌に悪いのでしょうか?

スポンサードリンク



人間の肌は弱酸性だけど、水道水は・・・

人間の肌は弱酸性になっています。しかし水道水は中性となっています。そのため、まっさらな水は人間の肌に合わないんですね。つまり、肌荒れの原因につながるとのことです。

そのため、2番湯の方が肌には良いとのこと。一番湯で一人目の皮脂などが湯に溶け込み、人肌の弱酸性に近づき刺激が弱まるからです。

つまり、入浴剤などを入れることで人肌への刺激が弱まります。

スポンサードリンク



追い炊きは肌にいいの?

上の原理からすれば、冷めたお湯を追い炊きすれば、弱酸性の肌になる気がするのですが、今度は別の問題が出てきます。お風呂のばい菌は一晩たつと1000倍にも増えてしまいます。

そういったお風呂に入ってしまうと、感染の恐れがあるので注意をしてください。

肌荒れを防ぐお風呂の入り方まとめ

一番風呂は肌荒れの原因になるので、なるべく入浴剤やゆずを入れて、刺激を弱めることが重要です。水道水の塩素を和らげる方法をとることが重要です。

スポンサードリンク