肌荒れの原因にもなる入浴前後でしてはいけないこと

最近の入浴研究により、食後すぐにお風呂に入ると消化不良を起こすことがわかりました。これは刺激に反応する血液の習性によるものです。

スポンサードリンク



入浴刺激に反応する血液の習性が引き起こすものとは?

スポンサードリンク



入浴時の刺激により血液が反応をするため、食後すぐの入浴は避けましょう。そのメカニズムは以下のとうりです。

 

食事をすることで、栄養を吸収するために血液が胃腸に集まります。そして、すぐに入浴をすると、血液が胃腸から皮膚の表面に分散をします。そのため、栄養を吸収するために集まっていた血液が分散してしまうので、消化不良を起こす結果となります。そして、消化不良を起こすために肌荒れの原因にもなってしまうわけです。

食前だけでなく食後の入浴も危険?

スポンサードリンク



実は食前にお風呂に入ることもあまり良くないとされています。

食前にお風呂にはいるため、血糖値が低い状態になります。そして、入浴は少なからずエネルギーを使うので、入浴時に意識障害の恐れがあるとしています。

効果的で安全な入浴時間は?

スポンサードリンク



食事の前後すぐは良くないので、食事の前後30分以内はお風呂に入らないというように覚えておきましょう。